研修中も失敗から学びたい

テレビを観ていると「割れないガラスコップ」の話題。
子供がテーブルから落としても割れないので、人気商品だとか。

しかし、ガラスのコップは落すと割れるし、割れたガラスに注意しないと怪我をする、という失敗経験も必要ではないのかと思ってしまいました。
要するに失敗から学ぶ成功の手段の気付きというのでしょうか。

研修中のロールプレイングでも失敗すること有るかもしれません。
研修中の討論で、批判されたりやっつけられる人もいらっしゃるかもしれません。
しかし誤解を恐れずに言えば、何事もないロールプレイや討論は、ある意味つまらない。
研修中の失敗(うまくいかなかったこと)は大切だと思います(講師も含めて)。

もちろん参加者の嫌な思いや、不快感や、恥ずかしい思いを可能な限り排除するのは講師の役割です。
しかし、落すと割れる、割れたら気をつけなければ怪我をする、他者に迷惑や不快感さえ与えかねない。 そのような「気付き」も大切ではないでしょうか。

私も失敗しています。
研修講師やコンサルティングで失敗することもあります。
その都度、私もできる限り修正していきます。それが成長、学習です。

研修参加者や研修主催者や講師が、多くの事に「気付く」ことができる、失敗を恐れず成功するまで継続できる(継続したい)研修を心がけていきたいと思います。
あくまでも落したガラスで怪我しないように。

お問合せ


  • お電話受付時間:平日9:00-18:00

  • 日本全国からのお問い合わせをお待ち申し上げます。
    お気軽にお問い合わせください。 お問合せ&資料請求