CS戦略ワークショップ

  • 組織で考えるお客様のためのサービス戦略!!
    CS戦略ワークショップ
  • 企業における顧客満足度向上とリピーター率の向上、ロイヤリティ(愛着度)向上は大きな目標であると考えます。
    ここでご提案するのは、自社のCS/サービス戦略と戦術を検討するワークショップです。弊社講師が貴社の課題や施策立案のためにファシリテーションを行います。
  • 狙い
    1. CSとは何か?サービスとは何か?を理解する
    2. 自部門(自分の業務)としてのCS/サービス感性について検討し、理解する
    3. CS向上のためにどうすれば良いのか考え、そして気付く
    4. サービス戦略・施策の立て方について、基本的な知識とスキルをつける
  • 効果
    1. 貴社のCS戦略を迅速に立てることができます
    2. CS戦略の具体化がスピーディに行えます
  • 内容
    1. 現在の市場動向と競合他社の「サービス事業」戦略について理解する
      • 10:10:10の法則とカスタマーロイヤリティの重要性
      • サービス戦略の異なる企業例と競合企業の動向想定
      • 付加価値創造型ビジネスの必要性について
    2. CSやサービスとは何かということを、複数の視点から検討する
      • 付加価値、お客様の事前期待と実績評価、リピーター戦略、サービスの特徴など
      • サービスやCSを会社の利益にどう結びつけるか
      • お客様の事前期待は進化する
      • 個人として、組織としてのCSの分類
    3. 満足のモデルについて理解する
      • 満足と不満足は不連続であり、その中間に無関心層がある
      • 無関心層のお客様が一番やっかいである
      • 不満足のお客様に無機質な対応をしても決して満足へは行かない
      • 満足の継続のために、すべきことは何か
    4. 貴社のサービス戦略「***************」について理解する
      • 現在のサービスレベルについて再認識する
      • 戦略との差があれば、原因を考える
    5. 貴社のロイヤルカスタマーについて理解する
      • 自分にとってのお客様とは(カスタマー・ドメインの理解)
      • ロイヤルカスタマーへのお客様の移行方法
    6. 自分は何をしてCSを向上させるか考える/なぜCSなのかを考える
    7. CSの向上、フィードバックシステム手法について知り、今後の手段や戦術について考える
  • ワークショップ・スケジュール(2日間コース))例(1日間コースも可能です)
    1日目 2日目
    午前 オリエンテーション
     ・目的と進め方
    市場のサービス戦略について
     ・事例
     ・付加価値創造型ビジネス
    CS(サービス)とは何か
     ・サービスの定義・種類と特徴
     ・個人・組織・会社としてのCS
     ・事前期待と実績評価  ・10:10:10の法則  ・満足のモデル
    貴社のCS向上施策検討会議
     ・戦略の具現化
     ・付加価値創造
     ・フィードバックシステム
     ・グループ発表の準備
     ・グループ発表
    午後 貴社のサービス戦略について
     ・サービス戦略概要
     ・現状分析と要因分析検討
     ・ロイヤルカスタマへの道
     ・これからの人材像

    なぜCS向上が必要なのか
     ・競合との関係(差別化)
     ・組織力強化の方策
    現在の貴社のCS向上策(現状分析)
     ・現在のCSの仕組み
     ・現在のCSフィードバック
     ・グループ発表続き

お問合せ


  • お電話受付時間:平日9:00-18:00

  • 日本全国からのお問い合わせをお待ち申し上げます。
    お気軽にお問い合わせください。 お問合せ&資料請求