• Home > 選ばれる理由とリピータ率96%の理由

選ばれる理由とリピータ率96%の理由

  • 選ばれる理由とリピータ率96%の理由

  • ミルラーニングメディアの小前俊哉をお客様に選んでいただける理由と、リピート率96%の理由を考えてみました。

    話がわかりやすい

    「話が上手ですね」「話に引き込まれて眠たくなかった」「落語みたいに楽しかった」「時間が過ぎるのが早かった」と良く言われます。当初「話が上手」というのは、講師として当たり前のことであって、褒め言葉には聞こえなかったのですが、最近気づいた(理解した)ことが有ります。話が下手な講師もたくさんいるし、参加者が寝てしまっても気にしない講師がいます。
    もちろん話下手な講師であっても素晴らしい研修は有ります。しかし、多くの参加者のモチベーションと傾聴意欲と学習意欲を高めるために「話上手」は大切かもしれません。私のお客様からのありがたい「奨励」として自分の強みとして大切にします。

    最近のトレンドや事情を研究している

    コンサルティングでも社員研修でも、お客様の業界が置かれている動向や関連トピックスの研究は必要です。
    毎回同じ話や方法論をお伝えするのではなく、業界変化や社会変化に応じた話題や方法論や議題をご提供するように研究しています。また日常の風景やニュースなども、コンサルティングや研修中の話題や「たとえ話」にして納得感を高める工夫をしています。

    ミルラーニングメディアとしてこの仕事を16年以上継続しています

    講師やコンサルタントは、無資格でできる職業とも言えます。つまり誰でもやろうと思えば今日からできる仕事です。そんな理由からでしょうか、お客様から「10年以上継続している会社(講師)だからお願いしたい」と言われることも多いです。プロの条件の一つに「修業を積んでいる」という言葉が有ります。10年以上継続できたのはお客様のおかげ、パートナー企業のおかげです。そして自分の継続した修行(勉強・研究)のおかげでもあります。

    サラリーマン(会社員)の経験がある

    私は新入社員の時から研修講師やコンサルタントではありません。会社員としていろいろな仕事や立場を経験しました。理不尽なことも知ってるし、現場で起こっている事象もいろいろ経験しています。私は会社員の時の「良い経験」「悪い経験(失敗)」を活かすことで評論家的な講師やコンサルタントにはなりたくはないと思います。お客様からも、私の職歴や経歴に惹かれる場合が多いようです。

    トップセールスでもトップエグゼクティブでもない

    コンサルタントや研修講師には、「以前トップセールスマンだった」「100億円稼いだ」「会社を復活させた」という大成功をおさめた人々と、私のように「できない営業ができるようになった」「もっと早くにヒューマンスキルやマインドを知っていれば良かった」「挫折から普通に復活した」「苦手だった人間関係を克服した」という人々の2パターン有ります。
    どちらのパターンが良いかで、決めるお客様もいらっしゃいます。
    私のパターンの場合は、お客様や参加者に対する共感力が高く、お客様と同じ目線での仕事をすることに心がけるスタイルとなります。

    挫折経験とその克服経験がある

    会社員時代は専門能力で強気で勝負するタイプ(良いモノを作ればハイパフォーマーである、自分が正しいと思ったら相手が間違っているのだ)でした。しかし、結果は散々で上手くいかない場合が多かった。自著でも書いている通り、結果プレッシャーに負けて「うつ病」「自律神経失調症」になって、たくさんの人に迷惑をかけました。
    原因はヒューマンスキルとマインドの欠如、心理学知識・スキルの欠如、コミュニケーション下手だったと思います。ウイルソンラーニング社で学んだスキル・マインドは自分に欠けているモノ、挫折と失敗の原因を明らかにしてくれました。その原因の克服方法も研修を受けたり講師になるための勉強を通して獲得・修行して、独立していまの仕事ができるほど克服することができました。私の経験と、予防・克服・強化方法を多くの人に伝えたい、その理念に賛同してくださるお客様に選ばれていると思います。

    精神論や根性論ではない・合理的で論理的である

    ウイルソンラーニング社など外資系コンサルティング会社の心理学・行動科学を用いたヒューマンスキルやモチベーション(感情)コントロールを学びました。精神論・根性も大切ですが、根性だけで成果を出しているプロフェッショナルなど存在しないのです。精神論・根性論での育成を目指さない企業から弊社や私が選ばれています。

    業界動向に詳しい

    コンサルティングや社員研修で選んでいただいたお客様の業界動向については、しっかりと勉強します(この仕事ではごく当たり前なのですが)。もちろん現場でしかわからないこともあります。そこで私が「分かっていること」と「分かっていないこと」をしっかりと認識し、お客様に正直に開示して、お客様との協働作業(コラボレーション)で問題解決を行う姿勢を大切にしています。

    上から目線ではない

    お客様や研修参加者は、その会社や業界のプロフェッショナルです。私は組織開発・人材育成のプロフェッショナルです。お客様と私は同じプロフェッショナルなのですから、同じ目線での協働作業を目指しています。私は「先生」ではなく「ファシリテータ(ガイド)」であると認識しています。

    一般論ではない

    私のミッションは「現場での問題解決」です。一般論から始まりますが、いかに現場で定着化(インストレーション)できるかをお客様からインタビューしたり質疑応答することによって、結果の出る仕事を目指しています。コンサル・研修後の、お客様・参加者の変化や組織の変化が実際に有るからこそ、リピートに繋がっていると考えます。

    ラーニング形式である・本音で接する(きれいごとで済まさない)

    研修は「教室スタイル」ではなく「グループ形式」で行い、討論・発表を大切にしています。
    また研修の最初に私はいつも次のように申し上げます「講師の言っているコトはおかしい!異論が有る!時は遠慮なく言ってください!顔で訴えていただいても結構です。その際に納得できるまで討論することが大切です」
    講師として一方向での伝え逃げ(言い逃げ)は絶対にしません。双方向・網目方向の意見交換で気付くことも多いはずです。

    その他

    その他選んでいただける理由があります。
    その他リピートしていただける理由があります。
    直接お話しする機会をいただければ、その理由や秘密をお話することができます。
    もちろん、批判的なご意見やご注意・お叱りも数%あります。
    それが原因でリピートにいたらないこともあります。
    現実は、100%のお客様に100%満足していただけてはいません。
    それらのご意見は、今でも大切に覚えています。これからも修行です。

お問合せ


  • お電話受付時間:平日9:00-18:00

  • 日本全国からのお問い合わせをお待ち申し上げます。
    お気軽にお問い合わせください。 お問合せ&資料請求