SE/CE/ITエンジニアに特化した社員研修と人材育成のミルラーニングメディア

Home > SE/CE ITエンジニア ヒューマンスキル社員研修 > SE/CE ITエンジニアの OJT/メンター研修

SE/CE ITエンジニアの OJT/メンター研修

  •  職場のパフォーマンス向上のためには、部下や後輩に対する計画的/重点的なOJTによる人材育成が効果的です。
     この研修は、職場内教育と目標管理の重要性を理解した上で、OJTによる仕事指導の能力や心構えについて習得します。OJTといっても、結構奥が深いのです。単なる組織での勉強会をOJTとは呼びません。OJTは教える側と教わる側の両者が成長でき、学習する組織にする優れた制度であると思われます。
     貴社のOJTなど基本的な人材育成プランをさらに良くするために、現状を見直すキッカケにします。

  •  狙い

    1. OJTが職場内教育(人材育成)の効率的な制度であることを理解する
    2. OJT概論を理解する(OJTの特徴やメリットなど)
    3. OJTのやり方やそのためのスキルを習得する
    4. ケーススタディ討論による、気づきとOJT遂行能力を強化する
  •  研修内容

    1. 職場内教育概論
       ・OJT推進者と職場風土、組織のパフォーマンスの関係について
       ・目標を明確に伝えて管理すること(目標管理による部下育成)の重要性について
    2. 人材育成に対する心構えと能力の整理
       ・人材育成基礎知識(2種類の能力と成長の4段階)の理解
       ・ダメな部下・後輩とは?
       ・主任・リーダーの役割とは/メンターとは
    3. コーチング・コミュニケーション
       ・時を告げる人から、時計を作る人になる
       ・質問による育成と動機付け
    4. JT概論
       ・JTの重要性やメリットの理解
       ・OJTを行うにあたって注意すること
       ・計画の方法と管理の方法
       ・部下に受け入れられるOJT/OJT推進のスキル
       ・チェックリストによるOJT理解度チェック
    5. OJTケーススタディによる討論(OJTの計画作りのケース、OJT実施中のケース)
       ・こんな時、どうしますか(どのように行動しますか、指導しますか、ナゼですか)?
  •  効果

    1. OJTを核とした目標管理による部下育成が、組織のパフォーマンスを向上させることを理解し、それを実践できるようになります
    2. 主体的な部下を育成するコーチング能力/OJT手法が習得できます
    3. 組織の活性化(イキイキ職場)が実現し、職場のパフォーマンスが向上します
    4. 部下育成の重要性を再認識することができ、主任・リーダークラス自らの成長手段についても気づくことができます

研修スケジュールと内容例 (2日間コース例、1日版も可能です)

1日目 2日目
午 前
オリエンテーション

研修の目的/効果/進め方


職場内教育概論

職場風土とは何か

人材育成の基礎知識(能力と成長)

OJTとコーチングの重要さ(討論含む)

OJTとコーチングの基礎知識

OJTとは

OJTの特徴やメリット

OJTの注意点

OJT認識チェック(討論と解説)


OJTのポイント/戦術

OJTの計画と推進のための知識

目標管理/目標設定方法

昼 食 昼 食
午 後
人材育成基礎能力と心構え

ダメな部下とは(討論と解説)

主任・リーダーの役割とは(討論と解説)

部下や後輩は何を求めているか


コーチング・スキル入門

コミュニケーションストッパー

指示命令との違い

質問力など

甘いOJT計画(事例研究の討論と解説)

OJT推進基本姿勢/部下育成の姿勢

ケーススタディ(討論と解説)


OJT計画表作り(実習含む)

計画のステップ

自分のクセ分析


まとめ

参考モデル【リーダーシップのモデル/管理者(主任・リーダー)言動と職場風土の関係】

※この研修内容・スケジュールは一例です。お客様のご要望、日程に応じてカスタマイズいたします。詳細はご相談ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

お問合せ


SE/CE ITエンジニア研修 ミルラーニングメディア株式会社 SE/CE ITエンジニア 技術者に特化した講師

  • 03-4360-5669 OPEN 8:30 〜 18:00 CLOSE

    〒150-0043
    東京都 渋谷区 道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階

    お問合せ

(C) Miru Learning Media inc.

PAGE TOP

お問合せ TOPへ戻る